エラスチン

美容成分

エラスチンとは

エラスチンは弾力性をもった線維状のタンパク質の一種です。人間の皮膚は外側から、表皮・真皮・皮下組織のの3つから構成されていますが、エラスチンはコラーゲンと同じ真皮の部分に存在する成分です。真皮の中ではコラーゲンが約70%を占める一方、エラスチンは5%以下と非常に少ない割合になっています。

コラーゲンとエラスチンの違い

コラーゲンとエラスチンは同じタンパク質ですが、性質は異なります。コラーゲンは伸びたり縮んだりはしませんが、引っ張りに強い性質を持ちます。一方、エラスチンは伸縮性があり、力を加えると元へ戻る弾力性をを持ちます。体内では、この二つの性質の違う成分が組み合わさり、重要な役割を果たしています。具体的には、エラスチンがコラーゲン同士を結んで網目状に構成することで、コラーゲンを束ねて支える働きをしています。これにより、コラーゲンは肌に柔らかさを与え、エラスチンはその伸縮性により肌にハリや弾力を維持することでシワやたるみを防いでいます。

エラスチンは減って行く

エラスチンは、若々しい肌であるためのハリと弾力に重要な成分なのですが、残念ながら、体内のエラスチンの量は、20歳代後半頃から加齢とともに徐々に減少していき、40代を迎えると急激にその量は減少していきます。また加齢以外にも、喫煙や紫外線やストレスなど、様々な要因でも減少していくと言われています。エラスチンは、体内でほとんど作られることは無いと言われており、一度減少してしまうと、その量は元には戻りにくいとされています。

エラスチンが減るとどうなるのか?

エラスチンの量が不足すると、コラーゲン同士を結びつける力が弱くなるため、肌のハリ・弾力が失われて表皮を支えられなくなり、シワやたるみとして表れます。特に目元・口元においては、肌にできたシワが元に戻らなくなってしまい、そのまま深いシワになったり、ほうれいせんが目立つようになってしまいます。

作用と効果

給されたエラスチンがしっかりとコラーゲンを束ねて支えることにより、肌に弾力やハリを与え、シワ・たるみを予防・改善する効果が期待されます。

エラスチンを含む製品

タイトルとURLをコピーしました