ヒト幹細胞培養液

美容成分

幹細胞って何?

幹細胞とは、自分と同じ能力の細胞に分裂することができる能力を持ち(自己複製能)、なおかつ自分の体を作るさまざまな異なる細胞を生み出す(分化能)こともできる細胞のことです。この2つの力によって細胞の数を増やし、体内のさまざまな組織を再生する役割を担っています。

ヒト幹細胞培養液とは?

現在、美容に用いられているヒト幹細胞培養液は、人間の主に脂肪由来の幹細胞を培養して得られた液体のことです。ただし、ヒト幹細胞培養液は、幹細胞を培養する際の“上澄み液”(培養液)で、ヒト幹細胞そのものは入っておらず、幹細胞が分泌した糖、核酸、脂質、成長因子などのアンチエイジングに効果的な成分が豊富に含まれており、これを化粧品の材料として使用します。肌にうるおいやハリを与え、キメ細かさを実現してくれます。肌荒れを防ぎ、健やかな状態に保ちたい人にはおすすめの美容成分です。特に加齢による悩みに有効とされ、肌に透明感や潤い、ツヤ、弾力を与え、若々しい肌へ導いてくれる次世代スキンケアの本命と期待されています。

ヒト幹細胞培養液の美容へのアプローチ

産まれたばかりの赤ちゃんは透き通った肌をしていますが、老化すると肌にシミやシワ、くすみが出たり、肌にたるみが出てきます。これは、肌の幹細胞の数が減り、細胞を再生・修復・増殖させる働きが衰えてくるからとされています。しかし、細胞を活性化させるヒト幹細胞由来の成分を与えることで幹細胞の働きを助け、肌の細胞を活性化させ、ターンオーバーのスピードも回復できることがわかってきました。

従来の基礎化粧品は、老化によって減少したコラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分を直接肌に塗布して補う、というものでした。しかしヒト幹細胞培養液は、成長因子を肌に補給することで細胞を活性化させ、自ら美容成分を作り出せる肌を目指す点において、美容成分を肌に導入するだけではなく、自分の肌そのものの細胞を活性化させるという発想のため、従来とはアプローチが大きく異なります。

従来の美容アプローチ

①細胞活性低下

②成長因子減少

③線維芽細胞/表皮幹細胞減少

④肌の美容成分(ヒアルロン酸/コラーゲンなど)減少

⑤結果:ハリ/弾力/潤いが失われ、シミ/くすみ/シワなどが現れる

④の部分で減少する成分を肌に補充して⑤を食い止めるのが従来のアプローチでした。

ヒト幹細胞培養液の美容アプローチ

①細胞活性低下

②成長因子減少←ここで成長因子を補充

③線維芽細胞/表皮幹細胞が増加

④肌の美容成分(アルロン酸/コラーゲンなど)増加

⑤結果:肌悩みがなくなる

つまり、

  • これまで→老化によって減少したヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容成分を直接肌に塗布して外から補う
  • これから→「成長因子」を多く含むヒト幹細胞培養液を肌に補給することで細胞を活性化させ、自ら美容成分を創り出せる肌を目指す

ということです。

補うスキンケアから、自ら創り出す出すスンケアへの変化の切り札として注目されています。(ちなみに、ヒト幹細胞培養液のアンチエイジング効果は、あのプラセンタの100倍以上とも言われています)

ヒト由来の幹細胞培養液は、人の皮下脂肪から抽出してつくられているので肌本来の力を取り戻す効果があるとされ、肌の老化に効果的と注目を浴びています。

ヒト幹細胞培養液の作用

ヒト幹細胞培養液に含まれている成長因子は、表皮幹細胞や真皮幹細胞に働きかけて、細胞の複製や分化を促します。その後、分化によって新たな表皮細胞や線維芽細胞がつくられます。

ヒト幹細胞培養液の効果

ターンオーバーが加速し、美容成分(ヒアルロン酸・コラーゲンなど)が増産されます。そして肌が健康的な状態を維持しやすくなり、シワやシミ、たるみ、毛穴の開きや黒ずみ、ほうれい線、くすみなどが緩和され、肌にうるおいやハリを与え、弾力性を高ます。
<期待される効果>
・シワの予防と改善
・美白効果
・たるみの改善

ヒト幹細胞培養液を含む製品

タイトルとURLをコピーしました